【5章】サーバー構築

Railsアプリを実行できるようにするための環境構築を行っていきます。

EC2インスタンス にログインしていない場合は,次でログインして下さい。

ローカル環境のターミナル
ssh アプリ名

5.1 Nginx の設定

以下の順序で実行していきます。

  • サーバーをアップデート
  • Nginx のインストール
  • Nginx の起動とインスタンス起動時自動起動の設定
サーバー環境のターミナル
sudo yum -y update
sudo amazon-linux-extras install -y nginx1
sudo systemctl start nginx
sudo systemctl enable nginx

ブラウザに Elastic IP を入力してアクセスしましょう。

Welcome to nginx on Amazon Linux! が表示されればOKです。

【補足】ここでアクセスできない場合は,以下の可能性があります

  • 2.5で作成した「EC2 用のセキュリティグループ(アプリ名_ec2_security_group)」の設定を間違えている
    • 「タイプが HTTP, ソースが 0.0.0.0/0::/0」のものが含まれているかを確認。「HTTP」を「HTTPS」にしているミスを見かけます
  • 4.1で設定したEC2 用のセキュリティグループが「アプリ名_ec2_security_group」になっていない

5.2 必要なプラグインのインストール

  • 各種プラグインのインストール
    • 1行のコマンドです
サーバー環境のターミナル
sudo yum -y install git make gcc-c++ patch openssl-devel libyaml-devel libffi-devel libicu-devel libxml2 libxslt libxml2-devel libxslt-devel zlib-devel readline-devel ImageMagick ImageMagick-devel

【注意】上記はあくまで「画像投稿可能なアプリ」のデプロイを想定したものです。アプリに導入されている gem や ライブラリ次第では,依存関係にある他のプラグインもインストールしておく必要があります。

5.3 データベースにログイン

まず,EC2 にプリインストールされている MariaDB を削除しておきましょう。

サーバー環境のターミナル
sudo yum -y remove mariadb-libs

MySQLの場合

以下の順序で実行していきます。

  • MySQL のリポジトリを追加
  • MySQL の5.7がインストールされるように変更
  • MySQL をインストール
サーバー環境のターミナル
sudo yum localinstall -y https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-3.noarch.rpm
sudo yum-config-manager --disable mysql80-community
sudo yum-config-manager --enable mysql57-community
sudo yum -y install mysql-community-client mysql-server mysql-devel

次のコマンドでRDSの MySQL にログインできます。

サーバー環境のターミナル
mysql -h エンドポイント -u root -p
# RDS の パスワード を入力

mysql> という表示が出た後に次を実行して下さい。

サーバー環境のターミナル(mysql)
show databases;
# 表示されたデータベース一覧に,「アプリ名_production」が存在していればOK
exit

【参考】「エンドポイント」は 2.4 で確認したものです。確認できていない場合は RDS の「データベース」をクリックし,アプリを選択して出てくる「エンドポイント」を確認しましょう。


【補足】もし,データベース一覧に,「アプリ名_production」が存在しない場合は,exit; で終了する前に以下を実行してデータベースを作成して下さい。

サーバー環境のターミナル(mysql)
# 「アプリ名_production」が存在しない場合のみ,次を実行して下さい
CREATE DATABASE アプリ名_production;

【参考】 Sequel Aceで MySQL に接続する方法

Sequel Ace をインストールしていない場合は,App Store からインストールしましょう。

  • SSHのタブを選択
キー
MySQL Host RDSのエンドポイントを記載
Username root
Password RDSのパスワードを記載
Database アプリ名_production
Port 3306
SSH Host Elastic IPを記載
SSH User EC2のユーザー名を記載
SSH Password 右側の鍵マークボタンをクリックし「~/.ssh/アプリ名.pem」を選択

【参考】 .ssh は隠しファイルです。隠しファイルを表示するショートカットキーは command + shift + . です。

SequelPro

PostgreSQLの場合

単純にインストールするとバージョンが低すぎるので,amazon-linux-extras リポジトリから PostgreSQL のバージョン11を入れることにしましょう。

サーバー環境のターミナル
sudo amazon-linux-extras install -y postgresql11
yum list | grep postgresql
sudo yum -y install postgresql-devel

【補足】PostgreSQLのバージョン12以上を強引に入れることも可能ですが,postgresql-devel のインストールが難しいのでお勧めしません。なお,インストール可能な最新バージョンは, amazon-linux-extras | grep postgresql で確認できます。


次のコマンドでRDSの PostgreSQL にログインできます。

サーバー環境のターミナル
psql -h エンドポイント -U postgres
# RDS の パスワード を入力

postgres=> という表示が出た後に次を実行して下さい。

サーバー環境のターミナル(PostgreSQL)
\l
# 表示されたデータベース一覧に,「アプリ名_production」が存在していればOK
exit;

【補足】もし,データベース一覧に,「アプリ名_production」が存在しない場合は,exit; で終了する前に以下を実行してデータベースを作成して下さい。

サーバー環境のターミナル(PostgreSQL)
# 「アプリ名_production」が存在しない場合のみ,次を実行
CREATE DATABASE アプリ名_production;

【参考】 Postico で PostgreSQL に接続する方法

https://eggerapps.at/postico

インストールしていない場合は,上記サイトの Download ボタンをクリックし,zipファイルを解凍して出てくる Postico をアプリケーションに移動した上で,実行して下さい。

  • Postico を起動し,左下の「New Favorite」をクリック

  • Options のドロップダウンを開き, Connect via SSH をクリック

キー
Nickname ※任意 (アプリ名_production など)
Host RDS のエンドポイントを記載
Port ※不要
User postgres
Password RDSのパスワードを記載
Database アプリ名_production
SSH Host Elastic IPを記載
User EC2のユーザー名を記載
Password ※不要
Private Key 「Choose」をクリックし,「~/.ssh/アプリ名.pem」を選択

「Connect」を選択し,再度「Connect」を選択

Postico

5.4 Node, Yarn のインストール

サーバー環境のターミナル
curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.34.0/install.sh | bash
. ~/.nvm/nvm.sh

# インストール可能なバージョンを確認
nvm ls-remote | grep v14

# バージョン14のいずれかをインストール
# (例) nvm install v14.16.1

node -e "console.log('Running Node.js ' + process.version)"

最後のコマンドで Running Node.js バージョン が表示されればOKです。

  • Yarn のインストール
サーバー環境のターミナル
curl -o- -L https://yarnpkg.com/install.sh | bash

5.5 Rubyのインストール

  • rbenv のインストール
サーバー環境のターミナル
git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
  • ruby-build のインストール
サーバー環境のターミナル
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
  • Ruby のインストール

まず,デプロイするアプリの Ruby のバージョンを確認して下さい。

ローカル環境のターミナル でアプリのディレクトリまで移動し ruby -v で確認できます)

以下は,バージョンが 2.7.3 の場合の例です。バージョンはアプリに「必ず」合わせて下さい。

サーバー環境のターミナル
rbenv install 2.7.3
rbenv global 2.7.3
rbenv rehash

Ruby のインストールには時間がかかります。

  • Bundler のインストール
サーバー環境のターミナル
gem install bundler

完了後に以下を実行し,全てバージョンが表示されればOKです。

サーバー環境のターミナル
rbenv -v
ruby -v
yarn -v
bundler -v

5.6 デプロイ先ディレクトリの設定

(デフォルト設定の場合) Capistrano によるアプリのデプロイ先は /var/www/アプリ名 ディレクトリになります。

そこで,このディレクトリをあらかじめ作成しておき,必要な権限を与えておきましょう。

サーバー環境のターミナル
sudo mkdir -p /var/www/$APP_NAME
sudo chown `whoami`:`whoami` /var/www/$APP_NAME
ls -l /var/www

最後のコマンドで drwxr-xr-x 2 ユーザー名 ユーザー名 日付 アプリ名 が表示されればOKです。

5.7 Git の初期設定

次に,サーバー環境で GitHub の操作ができるようにしていきましょう。

まずは,サーバー環境の Git の初期設定を行いましょう。ここでは,ローカル環境と同じ「ユーザー名」「メールアドレス」を登録することとしておきます。

まず, Git に登録した名前とメールアドレスを確認しましょう。

ローカル環境のターミナル
cat ~/.gitconfig

次の箇所をコピーして下さい。

出力内容の一部
[user]
    name = ~~~~~
  email = ~~~~~@~~~.~~~
  • .gitconfig ファイルの生成
サーバー環境のターミナル
cd
vi .gitconfig
  • Vimが開いたら先ほどコピーしたものをペーストしましょう。

5.8 GitHub連携

サーバー環境に GitHub へのアクセス権限を持たせるため,必要な公開鍵・秘密鍵を生成しましょう。

サーバー環境のターミナル
cd .ssh
ssh-keygen -t rsa -f "${APP_NAME}_git_rsa" -N ""
  • これで,以下のファイルが作成されます

    • 公開鍵(GitHubに配置する鍵) アプリ名_git_rsa.pub
    • 秘密鍵(EC2に残しておく鍵) アプリ名_git_rsa
  • config ファイルの生成

サーバー環境のターミナル
vi config
  • Vimでファイルが開かれたら次を追加
    • 「アプリ名」の箇所は各自の設定に合わせること
~/.ssh/config
Host github github.com
  Hostname github.com
  User git
  IdentityFile ~/.ssh/アプリ名_git_rsa
  • GitHubに公開鍵を登録

以下を実行し,値をコピーしておきましょう。

サーバー環境のターミナル(~/.ssh)
cat "${APP_NAME}_git_rsa.pub"

GitHub公開鍵1

  1. ブラウザでGitHubにアクセス
  2. 右上のサムネイル画像をクリック
  3. 「Settings」をクリック
  4. 左メニューバーから「SSH and GPG keys」をクリック
  5. 「SSH Keys」の「New SSH key」をクリック

GitHub公開鍵2
GitHub公開鍵3

キー
Title アプリ名_git_rsa.pub
Key サーバー環境のターミナルからコピーした値をペースト

GitHub公開鍵4

「Add SSH key」ボタンをクリック

  • サーバーから GitHub に接続できるか確認
サーバー環境のターミナル(~/.ssh)
chmod 600 config
ssh github

yes を入力し,次の赤枠の内容が出力されればOKです。

GitHub公開鍵5